衣類スチーマーのアイロン機能比較

衣類スチーマーについて調べてきて、防ダニ機能や脱臭機能など基本的な機能はティファールとパナソニックのどちらもほぼ同じということが分かりました。

そこで今回、アイロン機能のついているティファール 2in1スチームアンドプレスと、パナソニックのNI-FS470のアイロン機能を比較してみました。

 

2in1スチームアンドプレス NI-FS470
アイロン機能
温度設定 低・中・高の3段階 中温(約160℃)
アイロン面形状 フラット フラット
連続使用時間 15分 連続スチーム約4分
スチーム量(1分間) 11g
スタンバイまでの時間 約70秒 30秒(アイロン使用時は50秒)

 

アイロンの温度設定、ティファールは低・中・高の3段階設定で、生地に合わせた温度でアイロンかけができます。パナソニックは中のみですが、衣類のしわ伸ばしをするときにちょいがけするんだったらこれで十分なのかな?とも思ったりします。

 

衣類スチーマー ティファールとパナソニックを比較してみました

これまでティファールとパナソニックのスチーマーについて調べてきました。

今回はティファールの「2in1スチームアンドプレス」、「アクセススチーム」、パナソニックの「NI-FS470」の3種類について機能や特徴などを比較していこうと思います。

 

 

 

 

 

2in1スチームアンドプレス アクセススチーム NI-FS470
メーカー ティファール ティファール パナソニック
防ダニ効果
除菌効果
脱臭効果
ダニ由来のアレル対策
花粉対策
立ち上がり時間 45秒 30秒
1分間のスチーム量 23g 11g
最長稼働時間 18分
連続スチーム 約4分
水タンク 50ml 185ml  50ml
コード長 3メートル 3メートル 2.5メートル
アイロン機能 ×
サイズ 388×95×127 110×180×283
定格消費電力 800W 1200W  950W
重さ 835g 690g

調べたりないところもあるので、わかり次第追加していきます!

 

※10月28日NI-FS470の定格消費電力と水タンクの容量を追加しました