ブラウンのハンドブレンダー

今日は10月最後の日、ハロウィンでした。

 

というわけではないんですが今日の夕食はかぼちゃスープとかぼちゃの煮物を作ったんです。

かぼちゃスープは今回裏ごしはせず、細かく切って茹でて、それをマッシャーで押しつぶして細かくするという作業をしてみました。これだとかぼちゃの触感を残したスープになるんです。裏ごし面倒なので^^;

 

でも、ブレンダーがあったら面倒な裏ごしをしなくてもなめらかなスープになるんじゃないの?って思ったんです。

 

そこでブラウンのサイトへ行ってみたら例えばスムージーを作る材料にカシューナッツがあって、カシューナッツがなめらかに撹拌できるのならかぼちゃなんて全然OKですよね。

そうか~かぼちゃとか、ナッツ類とか、そういったものがなめらかになるんだったらスープやポタージュ、スムージーなども手軽にできますよね。あと赤ちゃんの離乳食も。

 

 

ブラウンのハンドブレンダー、マルチクイックMQ735です。

普段の調理によく使う「つぶす」と「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」機能があり、スムージーやスープ、ジュース、ドレッシングなどが簡単に作れます。

 

 

 

ブレンダーについて

こんにちは。

 

キッチン家電の中で欲しいと言われてるものにブレンダーがありますよね。私はブレンダー持っていないのでいまいちどんな風に使うのかわかっていないんです。

でも、雑誌とか見てるとブレンダーを使った料理の特集とかあったりして、将来的に欲しいなあと思っているんです。

というわけで今回からブレンダーについて書いていこうと思います。

 

 

<ブレンダーってどんなもの>

ブレンダーとはミキサーと同じものです。ミキサーって日本では昔からお馴染みですけど、実はそう呼んでいるのは日本だけで、他の国ではブレンダーと呼ばれているそうです。
食材を刃で砕いて混ぜ合わせることのできるブレンダーは、たとえばリンゴなどを砕いてジュースにするだけでなく、食事を作る際の下準備としても大いに活用できます。
今はブレンダーだけでなく、他の機能もついているものもあるので一つ持っていると便利そうですね。

中にはお肉を細かくできるミンサーやコーヒーミルまでついてるものもあるらしいです。据え置きタイプとハンディタイプがあるそうなので、こちらも今後見ていこうかな。