結局国民年金の任意加入はしないことにしました 

先週から加入しようか検討していた夫の国民年金任意加入、いったんは加入しようということに決めて年金事務所に電話をしたんです。

そして夫が加入することのできる期間を確認したところ今月から65歳になるまでの期間のみということが分かりました。

収めることのできる期間すべて収めて年金額は1ヶ月にすると4000円ほどしか増えません。

ここで考えてしまいました。

がんばって支払っても4000円しか増えない。これってどうなんだろう。

スポンサーリンク



 

確かに年を取って収入がなくなってからの4000円はものすごく貴重だと思うけど、去年から家計簿をつけ始めて家計を把握して、ようやく何とか暮らしを立て直すことができ始めたときに国民年金の任意加入をして生活が苦しくなってしまったらそれこそ大変ですよね。

もし年金が月10000円くらい増えるのなら頑張って積み立てようって考えていたんです。もしくは今あるわずかな貯金を使って前納してしまおうかなって。

毎月16480円(2017年度)って大きいです。

でも毎月4000円なら国民年金を支払ったつもりでいくらかでも新しい積立をしたほうがいいかなって。

 

正直どちらがいいのかわかりません。

国民年金の任意加入をして毎月数千円多く、一生もらえることと、任意加入をせずに毎月数千円を貯金するのと。

 

でも、今回国民年金の任意加入はやめることにしました。

あとで任意加入しておけばよかったって後悔しないよう、貯金も節約も頑張ります!

 

スポンサーリンク



 

ブログ村に登録しています。応援していただけると嬉しいです♪

 

トラコミュに参加しています
節約にチャレンジ!

◇家計簿*お金事情*◇

貯金、貯蓄、家計、お金に関すること